佐々木蔵之介は京都弁イケメン!兄弟の噂は?歯並びと胸毛が魅力?

シェアしていただくとハゲみになります!

佐々木蔵之介さんといえば、2008年から2009年にかけて公開された
映画『本格科学冒険映画 20世紀少年 3部作』やドラマ『ハンチョウ』
シリーズなどで活躍している俳優さんですよね。

背が高くて優しそうなイケメンのイメージのある佐々木さんですが
実際はどんな方なのでしょうか?

今回は佐々木蔵之介さんについて調べてみました!

スポンサーリンク
moco7

佐々木蔵之介のプロフィール

佐々木蔵之介 プロフィール

本名:佐々木 秀明(ささき ひであき)
生年月日:1968年2月4日
出身地:京都府京都市
身長:182 cm
血液型:O型

佐々木蔵之介さんの『蔵之介』という名前はいかにも
和の風情のある京都らしい名前だなと思っていました。

しかし、これは芸名だったんですね。

佐々木さんのお父さんによって付けられた芸名で、佐々木さんの
実家の職業と大石内蔵助が由来
なんだそうですよ。

佐々木蔵之介は京都弁イケメン!

京都で生まれ育った佐々木さんは、もちろん京都弁で
しゃべる
のですが、それがなんともいい感じなんだそう。

トーク番組やバラエティ番組では、京都弁を交えて話をするそうで
しかも、話している内容が面白いと評判です。

コーヒーメーカーの扱い方を間違っていつまでもコーヒーを
作り続けてしまった
話や、舞台の途中で相手の刀がマゲに当たって
カツラが落下し、相手が笑い出した
という話などなど。

役を演じている時とはまた違った雰囲気になることから
そのギャップがとてもすてきなんでしょうね。

佐々木蔵之介の兄弟の噂は?

佐々木さんの実家は『佐々木酒造』という、京都で約100年
続いている老舗の造り酒屋さんです。

蔵之介さんは三人兄弟の真ん中で、なぜか実家の酒屋を継いだ
のは、三男の晃さんでした。4代目にあたるそうですよ。

長男は「飲んで無くなくなってしまうものを造るのは嫌だ」と
東京大学に進学し、建築の道に進まれたとのこと。

そして、次男の蔵之介さんは東京農業大学農学部に進学するも中退。
神戸大学農学部に入学し、バイオテクノロジーや酒米の研究をしていたとか。

この時点では、まだ実家を継ぐ気でいたのかもしれませんね。

しかし、大学在学中に演劇と出会ってしまった蔵之介さんは
これが自分の進むべき道と思い、俳優になったとのことです。

佐々木蔵之介は歯並びと胸毛が魅力?

歯並びが良いと評判の佐々木蔵之介さんですが、「月に1回の歯の
クリーニングは欠かしません」
と気を配っているとか。

また、日本歯科医師会が11月8日の「いい歯の日」を記念して
行っている2010年度の「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」の
『著名人部門』を受賞
しています。

蔵之介さんが大きく口を開けたら、奥歯に銀歯と真っ黒い歯が見えた
なんてウワサがありますが、差し歯ではなく自然の歯だという
証拠なのかもしれませんね。

大学卒業後は、広告代理店に就職した蔵之介さん。

社内報の新入社員紹介にて自己PRした内容が
「皆が僕の胸毛を見てうらやましそうになでたり……」だったそうですよ!

胸毛が自己PRの材料になるなんて、どれだけのものなんだろうって
思わず想像してしまいますよね!

演じているときとあまりに違いすぎる蔵之介さん。

気難しいというウワサも聞きますが、それは、役作りに対して
厳しいからなのでないでしょうか?

普段の蔵之介さんはとっても楽しくて面白そうな人に感じました。
これからも愉快なエピソードを聞かせていただきたいと思います!

スポンサーリンク
moco7
moco7

シェアしていただくとハゲみになります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です