松坂桃李は親がつけた本名?性格や恋愛観や好きなタイプの噂は?

シェアしていただくとハゲみになります!

松岡圭祐氏原作のベストセラーミステリー『万能鑑定士Q』を映画化した
2014年5月公開『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』に出演した松坂桃李さん。

役どころは、綾瀬はるかさんが演じる天才的な鑑定眼を持つヒロインの頼れる相棒と
いった役で、これが綾瀬はるかさんとの初共演となります。

また、2014年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』でも松寿丸の後の姿である、
黒田長政役にて大河ドラマ初出演するなど、若手実力派俳優として大活躍中ですね。

そんな松坂桃李さんについて調べてみました!

スポンサーリンク
moco7

桃李は親がつけた本名?

松坂桃李
松坂桃李さんは本名です!「とうり」ではなく「とおり」と読むそうですよ。

由来は中国のことわざの「桜梅桃李(おうばいとうり)」からだそうです。

桜、梅、桃、李(すもも)はそれぞれの花をそれぞれなりに咲かせるけれども、
私たち人間も各々が自分らしく、個性を磨いてそれぞれなりに生きていこうと
いうような意味なのだそうです。

また、もうひとつの由来は「桃李不言下自成蹊」(桃李は言わざれども自ずから蹊(こみち)
を成す)
という司馬遷の史記からの言葉で、桃や李(すもも)は口をきいて人を招くことは
しないが、良い花や実があるので、自然と人々が集まってくる、というような意味だそう。

お父さんとお母さんが一生懸命考えてつけてくれた名前なのですね。

『桃李(とうり)』を『桃李(とおり)』と読ませるのもご両親のこだわりなのだとか。
由来も素晴らしいのですが、ちゃんとそのとおりになった松坂桃李さんもスゴイですね!

松坂桃李の性格はおとなしい?

実は小学生の時は「いじめられっこ」だったという松坂桃李さん。
「こいつら全員〇〇野郎。クラス全員が嫌いだった」と語っています。

とてもやんちゃだった松坂桃李さんがおとなしくなってしまったいじめの原因は
「桃李」という名前にあったといいます。「桃」という漢字が女性的であったため
いじめられたのだといいます。実に小学生らしい発想の理由ですね……。

実は友だちも少ないんだとか。外食もひとりで行くことが多いとのこと。
一人焼肉にハマっているとのウワサも!

『自分を出すこと』が苦手らしく「無意識に自分を抑えてしまい、本気ではしゃいだり
怒ったりすることがない」
「普段からテンションが低く、本当はすごく楽しいのに
『面白くないの?』と友だちに聞かれたりする」
とのことですよ。

今までのエピソードから、松坂桃李さんはちょっとシャイでおとなしい人のような
印象を受けました。そこも魅力のひとつなのかもしれません。

松坂桃李の好きなタイプは?

三人兄弟の真ん中で、上がお姉さん、下が妹と、女に挟まれた環境で育った松坂桃李さんは
好きなタイプがはっきりしているみたいですよ。女性のよいところもそうでないところも
身近で見てきているでしょうから、そうなってしまうのかもしれませんね。

好きなタイプは

・自分の意見をパッと言える人
・カラッとしてサバサバしている、男っぽいような一本筋の通った人
・自分をしっかり持っており、自分の意志がちゃんとある、ブレていない人

彼女というよりは、男友達のような関係を望んでいるのかもしれませんね。
そのような疲れない関係がいいという男性もいますしね。

松坂桃李の恋愛観は?

好きなタイプがはっきりしている松坂桃李さん。恋愛観についてもしっかりした気持ちを
持っていそうですね。一目ぼれについては、きっぱりと「ないです」と明かしています。
知り合ってからだんだんと距離を縮めて好きになっていくタイプらしいですよ。

恋愛に対しても、お姉さんと妹の影響が強いらしく、「女性に対して夢を抱かないと
いうか、こうあってほしいという憧れを持っていないんです」
と語っています。
なんだかすごく強烈な子ども時代を過ごしてきた感じがしますね!

しかし、一目ぼれがない男性は、恋愛に真剣で真面目なタイプが多いのではないでしょうか。

松坂桃李さんの「女性に対して夢を~」の発言は、ちょっと照れ隠しのような気が
しないでもないですね!

いじめという辛い体験を乗り越えて頑張っている松坂桃李さん。これからどんな役で、
どんな演技を見せてくれるのか楽しみです。これからも目が離せませんね!

スポンサーリンク
moco7
moco7

シェアしていただくとハゲみになります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です