柴田美咲はボンビーガール出身!性格は天然?女優としての今後は?

シェアしていただくとハゲみになります!

柴田美咲さんといえば、バラエティ番組『幸せ!ボンビーガール』
(日本テレビ)の企画「ボンビー沖縄出張所」で一躍有名になった
女優さんの卵(2014年9月現在)ですね。

まだまだ駆け出しだという柴田さん。一体どんな方なのでしょうか?
今回は柴田美咲さんにせまってみたいと思います!どうぞ!

スポンサーリンク
moco7

柴田美咲のプロフィール

柴田美咲 プロフィール
出典:シネマクトOfficial Web Site

本名:柴田 美咲(しばた みさき)
生年月日:1991年12月6日
出身地:福岡県
身長 :164cm
血液型 :A型

『福岡アジアコレクション2010』シンデレラガールコンテスト
のファイナリスト
になった柴田さん。

同コンテスト(FACo)は福岡発のファッションイベントで
数々の才能あるタレントを生み出し続ける福岡から新たなスターを
輩出することが目的のようです。

柴田さんはこのコンテストがきっかけで芸能界に入ることに
なったのかもしれませんね。

ちなみに柴田さんの出場した年のグランプリは知念沙也樺さん。
現在はタレントとファッションモデルをしているそうですよ。

「キモノハーツ」のカタログモデルを務めるなど
モデルとしても活躍していた柴田さんですが、現在は芸能事務所の
『CINEMACT(シネマクト)』に所属して女優を目指しています。

柴田美咲はボンビーガール出身!沖縄出張所卒業生!

実は過去に『逃走中』『GIVE&TAKE』『ジェネレーション天国』
などフジテレビの番組にも出演したことのある柴田さん。

しかし!

柴田さんが有名になるきっかけであったのが『幸せ!ボンビーガール』
だったので、このブログではあえて柴田さんのことを
「ボンビーガール出身」と呼ばせていただくことにしました。

ゴールデンのバラエティ番組でいきなり自分が企画を任されるとは
柴田さんもまさかの驚きだったのではないでしょうか!

企画は「ボンビー沖縄出張所」

同番組では柴田さんは沖縄(石垣島)に移住し、壊れかけた家賃の安い
一軒家を借りて「10万円」という限られた予算をやりくりしながら
リフォームしたり生活用品を買ったりして頑張っていました。

料理もたくさんしましたね。こっそり情報。柴田さんが使っていた包丁
「柴田美咲」ときちんと名前が彫られていましたよ。
包丁さばきも
慣れている様子でした。いいお嫁さんになれそうかも?

すっぴんで髪もぼさぼさの柴田さんでしたが輝いていました!

他にも、島の人に助けられながら自分で畑を耕したり
海で漁をしたりと本当にいろんな体験ができたと思います。

この体験が夢である女優としての演技に生かされるといいですね!

2014年8月26日のOAで1年3か月の沖縄生活を卒業
東京に戻ってきた柴田さん。次の活躍は一体?

柴田美咲の性格は天然?それともしっかり者?

柴田さんは見た感じが「お嬢様育ち」のような感じが……。

話し方ものんびりしている感じでおっとりしてて
もしかして天然なのかな?と思うことも。

しかし、「ボンビー沖縄主張所」で毎日自然や地元の人たちと
触れあってだんだんとたくましくなっていきましたよね。

やはり沖縄での経験が柴田さんを成長させたような気がします。

柴田さんは元々は東京の立川周辺にある女子大学で学んでいた
とのことですが、沖縄に移住するために中退したというウワサが。

立川周辺という情報から実践女子大学に通っていたのでは?
というウワサも入ってきています。

大学を中退してまで夢を追うということは
どれだけの覚悟がいったんでしょうね。

また、「福岡で活躍していた頃の柴田さんの様子が今と違う」
「別の番組では出演者とチューもしていた」などの情報もあり
ボンビーガールとはまた違った一面も持っているのかもしれません。

まだ情報も少ないので本当の柴田さんはどんな性格なのか
よくわかりませんが、これからも追って調べていきますよー!

柴田美咲が地獄先生ぬ~べ~に出演!今後の活動は?

柴田美咲 地獄先生ぬ~べ~
出典:シネマクトOfficial Web Site

柴田さんは2014年秋ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ)への
出演が決定し日々奮闘しているようです!

同ドラマから柴田さんにオファーが来ていると知らされたのは
「ボンビー沖縄出張所」を卒業したことを知らせるために出演した
『幸せ!ボンビーガール』番組内でのこと。

卒業して東京に戻ってきたらもともと働いていたお寿司屋さんで
またアルバイトをしながら女優を目指そうと思っていた柴田さん。

司会のTOKIO山口達也さんからオファーのことを知らされて
思わず号泣しちゃいました。よかったですね!
柴田さんの頑張りが伝わった結果なのでしょう。

柴田さんに与えられた役は、教師役の「喜屋武(きゃん)ひとみ」。
沖縄出身という設定だそうですよ。

後日『地獄先生ぬ~べ~』第一話の台本を渡され
さっそく自分のセリフを探した柴田さん。

でも探しても探しても見つからない?……あった!

「実家の島ラッキョウです。いかがですか?」

このたった一言だけでした。
でも、女優・柴田美咲が誕生した瞬間ですね!

柴田さんは「ボンビー沖縄出張所」は卒業しましたが
『幸せ!ボンビーガール』を卒業したわけではありません。

今後は「お金がなくても幸せに暮らせる田舎でテント生活」という
企画を続けることになっていますよ。

またまたキビしそうな企画ですが、持ち前の女優魂と
沖縄で鍛えた根性で乗り越えていただきたいと思います。

これからも柴田さんを応援していきますよー!
いつか主演女優になれるかな?がんばれ、美咲ちゃん!

スポンサーリンク
moco7
moco7

シェアしていただくとハゲみになります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です