国産うなぎは大丈夫?土用の丑の日とは?関東と関西では味が違う?

シェアしていただくとハゲみになります!

最近「国産うなぎが食べられなくなる?」とウワサされている日本。
本当に大丈夫なのでしょうか?

夏といえばうなぎ!
今回はうなぎについて調べてみました!

スポンサーリンク
moco7

なぜ土用の丑の日にうなぎなのか?

うなぎ 土用の丑の日

そもそもなぜ土用の丑の日にうなぎを食べるのでしょうか?

土用とは中国伝来の五行説による「木火土金水」を四季にあてはめたもので、
春は木、夏は火、秋は金、冬は水に当たります。

立春・立夏・立秋・立冬前の約18日間が土に当たり、
つまり季節ごとに土用があるそうです。

昔から暦に十二支を割り当てていますが、土用の約18日間に
めぐってくる丑の日を「土用の丑の日」と言うらしいですよ!

季節ごとに「土用の丑の日」がありますが、現在では
もっぱら夏の土用をさすようになったそうです。

夏の土用は梅雨明けと重なるため、衣類や身の回りの大切な物などの
湿気をとる「土用の虫干し」をしますね。

また、夏バテ防止のため梅干し・瓜・うどんなど「う」から始まる物を
食べるなど風習もあります。

「う」で始まるうなぎも暑い夏を乗り切るために日本人にとって
大切な食べ物として今に受け継がれてきたようですね。

その他には、蘭学者であり博物学者、戯作者でもあった平賀源内(ひらがげんない)の
宣伝文句から始まった
という俗説があったり、万葉集など、
様々なところにうなぎが登場
しています。

皆様も色んなうなぎの土用の丑の日ルーツの旅に
出かけてみるのも楽しいかもしれませんよ。

関東と関西ではうなぎの調理方法が違う!その味の違いとは?

うなぎ 関東 関西 調理方法

関東と関西ではうなぎの調理方法が違うそうです。

関東風のうなぎは背開きにして一度白焼きしたものを蒸してから
再び焼き、ふっくらとしてやわらかい
のが特徴とのこと。

関西風のうなぎは腹開きにして蒸さずに焼き、
パリッとしていて香ばしい
のが特徴だそうですよ。

関東は武家社会で腹開きは切腹につながり、
縁起も悪く背開きにしたそうです。

余談ですが、胡瓜の輪切りもその切り口が主君である
徳川家の家紋三つ葉葵に似てるため江戸の武士は食べるのを避けたとのこと。

関西では腹開きですが、背のほうに身が多くあって腹開きにすると
一度に多く串にさせるからだそうです。

まさに商人の町ならでは合理的な考えですね。

関東関西の特徴の違いを知るだけでもうなぎが楽しめそうですね!

国産うなぎ(ニホンウナギ)は大丈夫なのか?

うなぎ 国産

29日の土用の丑(うし)の日を目前に、流通各社のうなぎの売り場が
今までにない厳しい局面を迎えているらしいですね。

ニホンウナギの稚魚(シラスウナギ)は、前年まで4年連続の不漁!
今年は漁獲量が増えたらしいですが、店頭価格は依然高水準で推移。

ニホンウナギが絶滅危惧種に指定されたことで消費者の飢餓感を招き、
販売側からは追い風との声もあるらしいですが、本当に大丈夫?

できれば国産!しかもできるだけ安く食べたいと言うのが私としても本音です!

水産庁の統計によると、国内における今シーズンのシラスウナギの漁獲量は16トン。
それまで4年間不漁続きでしたが、前年(5.2トン)の約3倍に増えたらしく、
昨シーズンの取引価格は1キロ約250万円。

過去には最高で1キロ300万円ほどだったこともあったという取引価格、
それが今年は約90万円まで下がったとのことです。

シラスウナギは育つのに時間がかかるので今年は間に合わないですが、
この先に少し光が見えてきているのかも知れないですね……。

食べると言うことは命をいただくわけですが、その命のおかげで
私たちも健康に夏を乗り切ったりパワーをいただいたりしています。

うなぎ、そして、とやかく話題になりがちな鯨も日本の食文化。

様々な考えがあるかもしれませんが、おいしくいただくことができる
幸せを感謝して日本の食文化を守っていけたらいいですね!

(ライター/柿ピーが止まらない)

スポンサーリンク
moco7
moco7

シェアしていただくとハゲみになります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です