浦和の調ちゃん第1話感想!うさぎちゃんのお参りする神社はどこ?

シェアしていただくとハゲみになります!

あの『らき☆すた』を大成功させたアニメ王国を担う埼玉県が、次に
たくらんで、いや、希望を託しているのが『浦和の調ちゃん』!

「調ちゃん」は「うさぎちゃん」と読むのですよ。ややこしいですね。
しかし、これにはふかーいワケが!

初回第1話放送よりめちゃくちゃ遅れての感想、行ってみましょー!

スポンサーリンク
moco7

浦和の調ちゃんは5分間のショートアニメ!

テレビ埼玉、KBS京都、そして、インターネット配信とかなーり限定された
放送、配信となっている『浦和の調ちゃん』。

インターネット配信は、テレビ埼玉の放送が終了してからの配信となります。
テレ玉が観られる環境にある、私は勝ち組!(なのか?)

とってもカワイイ8人の女子高生たちのユカイな日常……が描かれるはずッ!

『浦和の調ちゃん』放送発表直後の記事はこちらからどーぞ!
埼玉発アニメ浦和の調(うさぎ)ちゃんが2015年4月放送開始!

アニメ『日常』や『ひだまりスケッチ』『のんのんびより』あたりを想像
しちゃってた私は、たった5分間のアニメにあ然。

浦和に期待しすぎました……くそう、大宮のパワーには勝てないのか?
(独り言)

浦和の調ちゃん第一話今日もいい日でありますように感想!

埼玉県さいたま市浦和に住んでいる高砂 調(たかさご うさぎ)は、とっても
明るい元気な女子高生!生まれながらの生粋の浦和っ子。

今年の春から高校2年生になった16歳。ぴっちぴちっすねw

今日も「いってきまーす!」と元気に登校。「いってらっしゃい」との返事は
おとうさんの声?←姿が出てこないのでナゾ!

ちゃんと家の近所の調神社にお参りしてから登校します。
近所のおばさんとも朝のあいさつを交わすなかよしの調ちゃん。

登校中の調ちゃんに「うさぎー!」と呼ぶのは、上木﨑常盤(ときわ)と
大谷場南。朝からなんだか楽しそう。

ひとりでいろいろ考え事をしながら登校するのが好きな調ちゃんに南が
かなりツッコんで……。

エンディングテーマは『URAWAがとまらない』。どう解釈したら……。
テレ玉のCMのほうが面白すぎるかもしれませんね!今のところ。

5分間のショートアニメでどうやって感想言えばいいんだよって私は言いたい!
今後、どういうふうに展開していくのか見守りたいところですw

調(うさぎ)ちゃんのお参りする神社はどこ?

調ちゃんの名前の由来になっているのは、浦和にある調神社。(つきじんじゃ)
「調」は「つき」と読むんですね。ますますややこしい!

調神社は、その名前から「ツキを呼ぶ」ということで縁起のよい神社とのこと。

また「つき」から「月」を連想させる兎を祭ってあり、調神社の中には、
あちこちに兎さんたちが!

兎ファンにはたまらない神社と言えるでしょー!調ちゃんの名付け親である
おばあちゃんは、神社の名前と兎を合体させて「調(うさぎ)」と名付けたんですね。

どうやら、調ちゃんが毎朝学校に行く前にお参りしているのは、この神社の様子。
と、いうことは、調ちゃんの通う高校は調神社の近く?!

ま、まさか、才女が通うことで有名な浦和一女でしょーか?

『浦和の調ちゃん』公式によると、アニメ『浦和の調ちゃん』は、回を追うごとに
魅力が増していくとのこと。

浦和の魅力、たくさんありますからねー!レッズだけじゃないですよ、浦和は!
パ……パルコだってあるんだからねッ///

あっけなく終わってしまった『浦和の調ちゃん』第1話ですが、第2話、3話と
期待していきましょー!

スポンサーリンク
moco7
moco7

シェアしていただくとハゲみになります!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です